皮膚がんとUVB光線療法

UVB光線療法による皮膚がんのリスクは何ですか?

自然太陽光や化粧用日焼けランプからの紫外線とは異なり、皮膚科での数十年の使用により、UVB/UVB 狭帯域光線療法 (UVA が実質的に排除されている) が有効であることがわかっています。 皮膚がんの大きなリスクではない;
基底細胞癌 (BCC)、扁平上皮癌 (SCC)、皮膚悪性黒色腫 (CMM) が含まれます。

この声明を裏付けるために、次の点を考慮してください。
以下の研究の抜粋とそれに続く議論:

2023年XNUMX月に発表された後ろ向きコホート研究は、
ソラレンを使用しない紫外線光線療法後の患者における皮膚がんの発生率とプロフィールは、次のように結論付けられました。

 

 

「ブロードバンド紫外線B、ナローバンドUVB、および/または複合UVABで治療された合計3506人の患者が、平均7.3年の追跡調査で評価され、黒色腫のリスク増加はなく、光線療法によって角化細胞がんが発見されたと結論づけられました。」

2023 年 XNUMX 月に発表された興味深い新しい研究によると、 「白斑のある人は、一般集団に比べて黒色腫と非黒色腫の両方の皮膚がんのリスクが著しく低いのです。」
とも述べられていました 「長期にわたる光線療法など、一部の白斑治療法が皮膚がんのリスクを高める可能性があるという懸念を考慮すると、皮膚がん発生率の減少が証明されたことは、白斑患者とその状態を管理する臨床医の両方にとって安心材料となるはずです。」

A 2022年XNUMX月に新しい研究が発表 バンクーバーの研究者ら(紫外線光線療法で治療された湿疹患者における皮膚がんの発生率)は次のように結論付けています。

 

「全体として、免疫抑制療法†の服用歴のある患者を除き、ナローバンド UVB、ブロードバンド UVB、および UVA とブロードバンドの併用を含む紫外線光線療法を受けている患者では、黒色腫、扁平上皮癌、または基底細胞癌のリスク増加はありませんでした。 UVBは、アトピー性湿疹患者の非発がん性治療法として支持されています。」

「狭帯域と広帯域の両方の UVB に関する研究のレビューでは、非黒色腫皮膚がんや黒色腫のリスクが増加することは示されていません。」

研究の全文を読むには、次のリンクをクリックしてください。

乾癬の治療と悪性腫瘍のリスク。

パテル RV1、クラーク LN、レブウォール M、ワインバーグ JM。

「この大規模研究では、NB-UVBによる最初の治療から最長22年間追跡調査しましたが、NB-UVB治療とBCC、SCC、または黒色腫皮膚がんとの間に明確な関連性は見つかりませんでした。」 

研究の全文を読むには、次のリンクをクリックしてください。
ナローバンド UVB 光線療法を受けた 3867 人の患者における皮膚がんの発生率
ハーン・RMカーACラヒム KFファーガソン・Jダウェ RS.

「NB-UVB の潜在的な発がんリスクを特に評価した XNUMX つの研究では、皮膚がんのリスク増加は証明されませんでした。」

研究の全文を読むには、次のリンクをクリックしてください。
慢性尋常性乾癬におけるソラレン UV-A 療法とナローバンド UV-B 療法の発がんリスク: 体系的な文献レビュー。

アーキエ E1、ドゥヴォー S、カステラ E、ガッリーニ A、オーバン F、ル メートル M、アラクティンギ S、バチェレス H、クリビエ B、ジョリー P、ジュリアン D、ミザリー L、ポール C、オルトンヌ JP、リチャード MA。

「nbUVB グループとコントロール グループの間に統計的に有意な差はありませんでした。 したがって、TL-01 ランプを使用した nbUVB 光線療法は、皮膚光タイプ III ~ V の患者にとって安全な治療法であると考えられます。」

研究の全文を読むには、次のリンクをクリックしてください。
ナローバンド UVB 光線療法で治療された皮膚フォトタイプ III ~ V の韓国人における皮膚がんリスクの増加に関する証拠はありません。

チョSJ1、クォンHH、チェMR、ユンJI。

「博士。レブウォール氏は言う。 「少なくとも今のところ、ナローバンドUVBは皮膚がんの一因ではないようです。それにもかかわらず、癌になりやすい患者に対する光線療法の使用には慎重です。」

研究の全文を読むには、次のリンクをクリックしてください。
一般的な乾癬治療法
影響 患者が皮膚がんを発症する確率 Derology Times 2017 年 XNUMX 月

「したがって、今回の研究は、広帯域または狭帯域のUVB光線療法で治療を受けた患者の皮膚がんリスクが増加するという証拠を提供するものではありません。」 


研究の全文を読むには、次のリンクをクリックしてください。
広帯域または狭帯域のUVB光線療法で治療された乾癬患者における皮膚がんリスク増加の証拠はない:初の遡及研究。

ヴァイッシャー M1、ブルム A、エーバーハルト F、ロッケン M、ベルネブルク M.

「(UVB-ナローバンド)光線療法は安全で簡単に実行できます。 合併症には日焼けが含まれる可能性がありますが、皮膚がん、黒色腫または非黒色腫は確認されていません。 白斑はおそらく黒色腫を予防します。」 

白斑に対する新しい考え方、治療法 – Pearl Grimes – Dermatology Times 2016 年 XNUMX 月

「紫外線の発がん性に関する懸念にもかかわらず、ほとんどの研究では、紫外線B(広帯域および狭帯域)および紫外線A1光線療法で治療を受けた患者において、非黒色腫または黒色腫皮膚がんのリスクが増加することは発見されていません。」

研究の全文を読むには、次のリンクをクリックしてください。
光の暗い面: 光線療法の副作用。

ヴァレホ・コエーリョ MM1、アペタート M2。

議論

自然太陽光からの紫外線(UVR)
「主な原因と考えられているのは、
皮膚がんの誘発に関与している」

UVR は次のように細分されます。

UVA
320-400nm
日焼けの波長

UVB
280-320nm
燃える波長

UVC
100-280nm
地球の大気によって濾過される

UVB UVA
したがって、この説明では、UVR=UVA+UVB となります。

光のそれぞれの異なる波長は、人間の皮膚にさまざまな生物学的影響を引き起こします。 波長の長いUVAは真皮まで浸透しますが、UVBは表皮までしか浸透しません。

皮膚がんには主に XNUMX つのタイプがあります。

BCC

基底細胞癌

SCC

扁平上皮癌

CMM

皮膚悪性黒色腫

BCC と SCC は非黒色腫皮膚がん (NMSC) としてグループ化され、UVB 累積生涯線量に依存します。 生涯に大量の UVR を浴びた皮膚領域は、おそらく頭、首、胸、前腕など、最も影響を受けやすい部分です。 NMSC は早期に診断されれば容易に治療可能です。
皮膚がんとUVB光線療法
UVB は皮膚の灼熱感 (紅斑) と NMSC の原因ですが、逆説的ですが、皮膚でビタミン D を生成する波長帯でもあり、幅広い皮膚疾患の治療に最も効果的です。

効果的な皮膚疾患治療を提供しながら紅斑と NMSC を最小限に抑えるために、UVB ナローバンド (311nm ピーク、/01) が 1980 年代にフィリップス ライティングによって開発され、現在では世界中で医療光線療法の主流を占めています。詳細については、以下を参照してください。 ナローバンド UVB 光線療法を理解する.

黒色腫は、体の他の領域にがんを転移させる可能性があるため、最も危険な皮膚がんです。 「環境要因や遺伝的要因などの要因の組み合わせが黒色腫を引き起こす可能性があります。 それでも医師たちは、太陽や日焼けランプ、ベッドからの紫外線(UV)への曝露が黒色腫の主な原因であると信じています。」17

紫外線はすべての黒色腫、特に日光にさらされない体の部位に発生する黒色腫の原因となるわけではありません。 これは、他の要因が黒色腫のリスクに寄与している可能性があることを示しています。 黒色腫は UVA と UVB の両方によって引き起こされる可能性がありますが、UVA が支配的な役割を果たしている可能性があるという証拠がいくつかあります。3

黒色腫の危険因子には、ほくろ(メラノサイト母斑)、肌のタイプ(色白の人は肌の色が濃い人よりもリスクがはるかに高い)、および特に小児期の繰り返しの日焼けが含まれます。 「強い日光に断続的にさらされることは、毎日継続的に日光にさらされることよりも黒色腫の発症とより強く関連していますに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」 6

まだ説明されていない事実は、 「黒色腫は、環境内で大量の累積紫外線曝露を受ける人々(農家、漁師など)よりも、屋内で職業に就いている人々の間でより頻繁に発生します。」

皮膚がんに関する科学文献の大部分は、自然太陽光(UVR、主に UVA で構成され、緯度が上がるにつれて UVB の割合が減少します)の影響に関連しています。

しかし、医療用 UVB / UVB 狭帯域光線療法のように、UVB のみが使用される場合 (UVA は除外される) はどうでしょうか?

NMSC の作用スペクトルはほぼ完全に UVB 範囲内にあるという事実にもかかわらず、上記の研究は、UVB/UVB 狭帯域光線療法が 皮膚がんの主要な危険因子ではない; 基底細胞癌 (BCC)、扁平上皮癌 (SCC)、皮膚悪性黒色腫 (CMM) が含まれます。

潜在的に有害な UVA が存在しないことが影響している可能性が高く、「全体として、ビタミン D が非黒色腫皮膚がん (NMSC) および黒色腫の予防に役割を果たす可能性があるという証拠はいくつかありますが、現時点では保護効果を示す直接的な証拠はありません。  14,15 「いくつかの研究は、ビタミン D がさまざまな内部悪性腫瘍に対して保護的な役割を果たすことを示唆しています。 皮膚がんに関しては、ビタミン D とその代謝産物が同様の予防効果を持っている可能性があることが疫学研究および実験研究で示唆されています。に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」 13

UVB 誘発性 NMSC の懸念に対処するには、特に色白の人の場合、生涯累積線量に依存するため、治療の必要がなく、患者の生涯でかなりの UVR を受けた皮膚の領域を治療から除外することが賢明です。また、自然太陽光による追加の UVR からもこれらのエリアを保護します。 皮膚がんの病歴や家族歴がある人は、UV 光線療法を受ける前に医師に相談してください。 また、皮膚がんを発見するために、少なくとも年に一度は「皮膚検査」を受ける必要があります。 医療用 UV 光線療法、化粧用日焼け器具、自然太陽光など、紫外線にさらされる人も同様です。

さらに、自然太陽光による UVR は主に人の上から受けます(たとえば、太陽が上から額、耳、肩に当たるなど)。 全身 UVB 光線療法は、ほとんどの場合側面から行われます (患者は通常、垂直に取り付けられた装置からの治療を受けるために立って受けます)。そのため、最もリスクの高い皮膚領域への照射は幾何学的に軽減されます。 通常、最初の UVB の「除去」段階では、数か月にわたって徐々に大量の UVB 光線療法を行い、その後、線量と頻度を減らして長期の「維持」治療を行います。

全身太陽
フルボディデバイス
UVB光線療法は患者が日焼けする必要がなく、最大値未満のUVB線量が長期維持に効果的です。」ナローバンド紫外線B家庭用ユニットは、光応答性皮膚疾患の継続療法または維持療法に有効な選択肢ですか?”、18 そしてビタミンDの十分な量を維持するために。 09,11,12

すべての SolRx UVB ナローバンド デバイスは、カナダ保健省の「使用適応症」として「ビタミン D 欠乏症」に準拠しています。つまり、安全で効果的であると判断されており、カナダでその目的で合法的に販売できます。 10

について ホームペー 光線療法、治療を受ける本質的に退屈なプロセス、そして人間の性質により、患者は透明または透明に近い肌を維持するのに必要な量だけ UVB を摂取するようになります。 在宅光線療法の患者は通常、UVB をどのくらいの量、いつ摂取すべきかについて非常に熟知しており、多くの人がより少量でより頻繁な投与量を好みます。

家庭用光線療法は、治療を見逃したり、その後の治療で望ましくない日焼けを引き起こす可能性も低くなります。 要するに、 「家庭での紫外線B光線療法は、外来での紫外線B光線療法と同様に乾癬の治療に効果的であり、処方箋のない照射が不可能な環境では追加の安全上の危険がないことを意味します。 さらに、在宅治療は負担が少なく、より感謝され、同様の生活の質の向上をもたらします。 患者のほとんどは、将来的には外来での光線療法よりも自宅での紫外線B治療を希望すると述べています。」 16

Solarc Systems は、この公開情報記事を改善するための提案を歓迎します。

注意

「乾癬患者の皮膚発がんにおける PUVA 療法の役割は明確に証明されている」ため、UVB および UVB 狭帯域光線療法を PUVA (ソラレン + UVA 光) と混同しないことが重要です。 [慢性尋常性乾癬における PUVA と nbUVB の発がんリスク - 系統的文献レビュー 2012] Pしたがって、UVA の治療回数は 200 ~ 300 回に制限されることがよくあります。 UVB または UVB 狭帯域光線療法が失敗した最も重篤な症例にのみ適用されます。   

参照:

1 ブレナー、ミカエラ、ヴィンセント J. ヒアリング。 「人間の皮膚における紫外線ダメージに対するメラニンの保護的役割に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」 光化学と光生物学、vol. 84、いいえ。 3、2007、539–549 ページ、doi:10.1111/j.1751-1097.2007.00226.x。

2 皮膚がん/黒色腫センター: 徴候、治療、症状、種類、原因、および検査。   WebMDの

3 Setlow、RB、他。 「悪性黒色腫の誘発に有効な波長。  米国科学アカデミー紀要、vol. 90、いいえ。 14、1993、pp. 6666–6670、doi:10.1073/pnas.90.14.6666。

4 ベルネブルク、マーク、レナ・クリーガー。 「紫外線 A による黒色腫誘発の評価 (1000 人による評価) では、紫外線 B 放射線による黒色腫誘発はメラニン色素を必要としません。」 F1000 – 生物医学文献の出版後の査読、2012、土井:10.3410/f.717952967.793458514。

5 ブレナー、ミカエラ、ヴィンセント J. ヒアリング。 「人間の皮膚における紫外線ダメージに対するメラニンの保護的役割に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」 光化学と光生物学、vol. 84、いいえ。 3、2007、539–549 ページ、doi:10.1111/j.1751-1097.2007.00226.x。

6 ローズ、A.」黒色腫の危険因子に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」 メラノーマを狙う、一般内科のフィッツパトリック皮膚科

7 ジュゼニエン、アスタ、ヨハン・モアン。 「ビタミンD生成以外の紫外線の有益な効果に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」 皮膚内分泌学、vol. 4、いいえ。 2、2012、109–117 ページ、doi:10.4161/derm.20013。

8 Maverakis、Emanual、他。 「紫外線を含む光に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」 国立衛生研究所、2010 年 10.1016 月、doi:2009.11.011/j.jaut.XNUMX。

9 米国、議会、国家毒物学プログラム。 「広域スペクトル紫外線 (UV) 放射線、UVA、UVB、UVC。  広域スペクトル紫外線 (UV) 放射線と UVA、UVB、UVC、技術企画管理株式会社、2000 年。

10 「規制情報」。 ソラークシステムズ株式会社,

11 ボーグ、Mkb、他。 「ビタミンD欠乏症の治療には、1600日あたり3IUの経口ビタミンDXNUMXよりも、週XNUMX回のナローバンド紫外線Bの方が効果的:ランダム化臨床試験に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」 英国皮膚科学雑誌、vol. 167、いいえ。 3、2012、625–630 ページ、doi:10.1111/j.1365-2133.2012.11069.x。

12 Ala-Houhala、Mj、他。 「血清25-ヒドロキシビタミンD濃度に対する狭帯域紫外線B曝露と経口ビタミンD置換の比較。  英国皮膚科学雑誌、vol. 167、いいえ。 1、2012、pp. 160–164.、doi:10.1111/j.1365-2133.2012.10990.x

13 タン、ジーン Y. 他「皮膚発がんにおけるビタミン D: パート I.  国立衛生研究所、2012 年 10.1016 月、doi:2012.05.044/j.jaad.XNUMX。

14 タン、ジーン Y. 他「皮膚発がんにおけるビタミン D: パート II。  国立衛生研究所、2012 年 10.1016 月、doi:2012.05.044/j.jaad.XNUMX。

15 ナバレッテ=デチェント、クリスティアンほか「黒色腫患者における循環ビタミン D 結合タンパク質と遊離 25-ヒドロキシビタミン D 濃度: 症例対照研究。 アメリカ皮膚科学学会誌、vol. 77、いいえ。 3、2017、pp. 575–577.、doi:10.1016/j.jaad.2017.03.035。

16 Koek、M. BG、他。 「軽度から重度の乾癬に対する在宅対外来の紫外線B光線療法:実用的な多施設ランダム化対照非劣性試験 (冥王星の研究)。 Bmj、vol. 338、いいえ。 May07 2、2009 年 10.1136 月、doi:1542/bmj.bXNUMX。

17 https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/melanoma/symptoms-causes/syc-20374884

18 ナローバンド紫外線B家庭用ユニットは、光応答性皮膚疾患の継続療法または維持療法に有効な選択肢ですか?